マイクロワームの培養方法

マイクロワームの培養方法をまとめます。

マイクロワームの培養はグリンダルワームと比較してすごく簡単です。逆にグリンダルワームはちょっと難しい部分があります。とはいってもミジンコやゾウリムシなどよりは簡単だと思いますが。

1.容器を準備する

容器はタッパー等で大丈夫ですが空気穴がないとすぐ酸欠死することとがあります。逆に空気穴がガッポリ開いてるとコバエが侵入します。したがって当方では昆虫用の菌糸ビンというものを使用しています。

2.培地となる押し麦を炊飯器で炊く

通常の米を炊く時と同じような感じで大丈夫です。

3.容器に炊いた押し麦を入れる

冷まさずそのまま入れても大丈夫です。もしかしたらそのほうが容器の殺菌になるのかもしれません。

4.イースト菌を振りかける

振りかけた状態が下の写真です。

5.霧吹きをして混ぜる

霧吹きをした後軽く混ぜます。イースト菌が全体に行き渡る感じでOKです

6.マイクロワームの蓋を投入

そこにマイクロワームの種を投入して蓋を締めて放置するだけです。数日でうじゃうじゃに殖えてます。

7.メンテナンス

マイクロワームはイースト菌が分解した糖分を餌にしますので糖分やイースト菌が不足すると栄養不足で死んでい行きます。そこで活性が落ちたと感じた段階でイースト菌を適宜追加して霧吹きをするとまた復活します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする