シジミとタニシ

ヤフオクでとある理由で非常に悪い評価をいただきまして、その方にお詫びで取引メッセージをしていましたら成り行きで屋外採取したシジミとタニシ、あとはミナミヌマエビを送っていただけることになりました。

最初に評価をいただいた時は「とんでもない人にあたってしまったな~」とかなりショックでしたが、評価も変更いただき、少し親しくなれまして出会いのきっかけというのはよく分からないものだな~と思いました。

シジミとタニシ

こちらが送っていただいたシジミとタニシです。

タニシには何種類かあるようですが写真を見た感じマルタニシでしょうか?

現在17センチキューブに赤玉土を5センチくらい敷き、そこにグリーンウォーターを少し混ぜた水で飼育しています。プレタブを与えたところタニシが食べてくれました。シジミは言わずもがな、タニシも飼育が結構難しいので長期維持できる自信はないですがしばらく様子見で飼育してみようと思います。その方はシジミを長期飼育できておりサイズアップを確認できているみたいです。

シジミとタニシの飼育をされていた方いらっしゃいましたらコメント欄でアドバイスいただけますとありがたいです。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビのカラーも送っていただきました。レッドミナミヌマエビとブルーミナミヌマエビはすでに飼育していまして色はこれよりずっと濃いですが、プレゼントしていただけるものはなんでも嬉しいですね!

屋外採取ものだそうで、到着直後の状態でここまで色が濃いのは結構すごいと思いました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きょろろ より:

    ヒメタニシと一時マルタニシを飼っていました。マルタニシの方が水質にうるさくて、アンモナイトスネールとヒメタニシと飼っていましたが、油断していたらマルタニシだけ☆になってしまいました。ヒメタニシは水質は少々汚れていても大丈夫ですが、稚貝は少し育てにくいです。ヒメタニシなら水流がない方が良いです。アンモと同じでおとなしくやや我慢強い性格なので、他の魚が強いと餌をとれず長生きしないので別に飼うかタニシのために餌をしっかりやることが大切です。

    アンモナイトスネールと育て方はあまり変わらない気がします、と言うか一緒に育てていました。上に来る子には金魚の粒エサ、下の子には沈下性の餌と野菜を時々あげています。(去年はミナミヌマエビも一緒でしたが、野菜をあげても死ぬことはなかったです。でも心配なら柔らかめの水草でよいと思います。)室内なら常温で大丈夫ですが、増やすなら保温した方がよいです。本来田んぼの泥土にいるせいか少しソイル(あ、赤玉土入れているんですね)か田土を入れた方がうまく育つ気がします。田土はホームセンターで売っています。後、私は卵の殻やカキ殻を入れています。
    管理人さんは、アルカリ寄りの水質なのにミナミヌマエビ飼えているんですね。うちは室内水槽ではなかなか増えません。

    シジミって長期飼育出来るんですね。参考になりました。

    • bredinjptyo より:

      コメントが反映されていなかったようです。返信が送れまして申し訳ございません!

      なかなか飼育は難しいようですね。ちょっと調べてみるとphとミネラル、餌(日光も?)がポイントのようですね。きょろろさんのところでは飼育できていたんですね。すごいですね~。田砂があれば田砂にしたかったです。

      今年はずっとザリガニ飼育に熱中していましたが来年からまた貝類を頑張る予定ですのでよろしくお願いいたします。アンモナイトはあの後加温したらたくさん産卵してくれるようになりました。シジミ達まだ1週間くらいですがいまのところ元気そうです。問題はこれからでしょうが、、、

      ミナミヌナエビは大磯のほうがよく殖えると言われているようですしphは中性くらいを好むのではと思います。ただし改良したカラーミナミヌナエビに関しては環境変化に弱いらしく当方の飼育環境下では大磯では全く殖えませんでした。ソイルですと爆殖します。

      • きょろろ より:

        田砂ではなく、田土なので細かい泥なんです。だから屋内向きではないですw。だから赤玉土やソイルや大磯混ぜています。ヒメタニシは北玄関の日陰や屋内の蛍光灯1灯で元気に増えていましたので日光はあまり関係ないと思います。
        タニシは細かい砂は嫌いみたいです。ミナミヌマエビも田土だとよく増えるそうです。(田んぼの用水路にいますから)やはりソイル系(土)が良いのかもしれません。(友人がソイルを使ってヒルが大量発生したそうで田んぼの泥から作っているのではないかと思いました。)

        アンモナイトスネール全滅したのかな、と思っていましたが無事でよかったです!また珍しい貝の話、楽しみにしています、こちらこそよろしくお願いします。

        • bredinjptyo より:

          泥なんですね。実はザリガニの繁殖もここだけの話土が重要なんです。土を食べて餌からは摂れないミネラルを補給するためです。ミナミヌマエビの飼育に際しても土が重要だとは考えてもいませんでしたがいろんなところでツマツマしてますしおそらくそういう意味があるんでしょうね。新しい発見ありがとうございます!

          アンモナイトはずっとあまり管理してあげられずいただいた卵は全てダメにしてしまいました。申し訳ございません。最近またしっかり管理するようになり自家産の個体が半年ぶりくらいに産卵するようになり今は産卵ラッシュになっています。加温しないと冬場はだめですね。

          • きょろろ より:

            オスメス分けたアンモ達、ようやくうちは産卵しなくなりました。(水温は22℃で我慢してもらっています。卵がたくさんありすぎても、大きくなる子は限られていて、うちでは淘汰されてる気がします。やはりちびが可愛くて、手放せないです。

            体調崩されて大変でしたね…。私も何かあるとたちまち生き物たちに影響してしまうので、余裕が大切だなと感じています。産卵ラッシュで良かったです。
            来年は無理をせず、お体もっと大切にしてくださいね!

          • bredinjptyo より:

            繁殖は命を削る行為なのでオスメス分けて繁殖させないほうが今いるアンモ達は長生きできるかもしれませんよね。

            お気遣いありがとうございます。お互い体には気をつけてペット達のお世話頑張りましょう~

  2. きょろろ より:

    マルタニシはうまく育てられなかったので、どなたかアドバイスお願いします。