ブッシープレコの稚魚が産まれました!

ブッシープレコの稚魚が産まれました!

↓の写真がパパでブルーアイゴールデンブッシープレコという種類です。結構イケメンですよね。

IMG_4681

ママは同じようにゴールデンですがただのアルビノなので目は赤いです。

そしてこちらが稚魚です。ブッシープレコが産卵してるなんて知らなかったので土管を持ち上げたらポロポロこぼれてきてびっくりしました。パパのいる土管に戻せなかったのでこの子達だけ産卵ケースで飼育します。

IMG_4774

ちなみに、親がゴールデン×ゴールデンなので稚魚は全部ゴールデンになるはずで、なおかつ目の色はパパだけがブルーアイなので稚魚は全部赤い目になるはずです。しかし、写真でも分かるかと思いますが大半の子の目が黒いです。ママはブルーアイヘテロだったのかもしれません。だとしたら相当ラッキーですよね。

ただ、問題が、、、

ブッシーを飼育してる水槽にはメキシカンドワーフクレイフィッシュ(CPO)を混泳させていまして、CPOはアダルトサイズでも3センチ程度とかなり小さいザリガニなんですがかなり気性が荒いです。こんな感じですぐケンカをおっ始めます。

IMG_4772

したがって養分をぶらさげた稚魚が土管から出てきてしまったら間違いなく襲われると思います。

あともうひとつ問題点が。

この水槽ではCPOの稚ザリも産まれていまして、2ミリくらいの稚ザリが50くらい同じ水槽にいるはずなんですがほとんど見当たりません。ブッシープレコは通常、稚エビや稚ザリを積極的に襲うことはないはずですが、産卵前後の栄養補給ということで稚ザリを食べてしまった可能性が、、涙

ちなみに↓の写真には稚ザリが何匹かいます。

IMG_4754

そういえば、上の写真のラムズホーンは櫻華です。

このプレコの水槽ではなく、アメリカザリガニの稚ザリ育成水槽で産まれ育った子で、その稚ザリ育成水槽の水が相当汚れてきたのでリセットついでにこちらのプレコ水槽に引っ越しさせたんですが、かなり綺麗に育ってますよね。純粋血統の櫻華は汚い汚れた水の水槽で飼育してもこれくらい綺麗に育ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヒロ より:

    バイオレットアップルスネールとラムズホーンでお世話になりました。
    繁殖おめでとうございます。凄いですね。
    ゴールデンブッシーブルーアイの稚魚は販売しないですか?

    • bredinjptyo より:

      ありがとうございます!順調に育てばですがおそらく厳しいような気がします。
      熱帯魚の繁殖はなかなか難しいですね。

  2. ヒロ より:

    分りました。頑張ってください。
    ロックシュリンプの繁殖をやっていますけど、難しいです。
    繁殖は、難しいですね。

    • bredinjptyo より:

      ロックシュリンプですか!
      相当難しそうですね。てっきりグッピーが専門だと思っていました。

      ブッシーはロングフィンをたくさん飼育してまして生後1年で繁殖可能になるそうなので(本当か?)
      順調に行けば半年後くらいにロングフィンブルーアイの稚魚がとれるはずですがどうなることでしょう

  3. ヒロ より:

    最初は、グッピー専門でした。そのあとに、古代魚のバタフライフィシュとロックシュリンプの繁殖をやっています。
    頑張ってください。

  4. […] 前回の記事で目が黒いので全員ブルーアイのアルビノになるかもと書きましたが、結論としては全員ノーマル色になりました。ゴールデン(ブルーアイ)×ゴールデンの組み合わせの稚 […]

  5. […] 前回の記事で書いたブッシープレコの稚魚ですがこんな感じに育ちました。かなり分かりづらいですが中央に2匹います。 […]

  6. […] 前回の記事で書いたブッシープレコの稚魚ですがこんな感じに育ちました。かなり分かりづらいですが中央に2匹います。 […]

  7. […] 写真の右下あたりの水槽の壁面に張り付いているプレコが先日繁殖したちびプレコですがもうこんなに大きくなりました。ロングフィンパレアタスのベビーは写真には写っていませんが […]