アクア歴1年経ちました

今まで散々いろいろと偉そうなことを発言してまいりましたが、実は、当方2015年の12月中旬にアクアを開始したので今までアクア歴1年未満の初心者でした。ザリガニに至ってはいまだに飼育開始から半年未満の超初心者です。ビックリされる方も多いのではないかと思いますが自分でもかなりビックリしています。ちなみに1年間で管理水槽50を超えました。TV局の取材をちらっと受けたりとかもしました笑

一応節目なので初期の頃に飼育していた熱帯魚の写真などを公開させていただきます。

↓最初にアクアを始めるきっかけになったのがベタです。当時飼育していたカッパードラゴンは相当かっこよかったです。願わくばこの子の子供をとりたかったです。

img_0225

カッパードラゴン以外にダンボオスとかも飼育していましてダンボオスは感情表現豊かでかわいかったですね~。あと好きだったのはメスの混泳水槽です。水面からジャンプして指に食いついてくるくらい懐いている子もいました。

↓ベタを飼育しだして2週間(アクア歴2週間)くらいで産卵した時は相当感動しました。

img_0266

↓何回も産卵に成功してくれた働き者のオスでした。かわいいですよね~

img_0275

ラムズホーンの飼育

アクアを初めて半年くらいはほぼベタのみ飼育していました。ラムズホーンの飼育を開始したのはアクアを初めて半年後くらいからでその当時の写真がこちらです。実験室みたいですね。写真のラムズホーンはレッドとピンクとブルーです。茹でた野菜が浮かんでいますが、この野菜の残留農薬でこの写真の翌日に大半のラムズホーンが死んでしまったのは懐かしい想い出です。

img_0406

ちなみに四角いプラケースは「金魚飼育セット」というもので以前こちらのページでおすすめの飼育セットとして紹介したものです。青い水は黒ラメみゆきというメダカの卵を孵化させているものです。水道水にメチレンブルーを少し垂らしてカビを防止しています。全て孵化して大きく成長しました。

ミズミミズ退治

その後、上の写真の四角いプラケースでラムズホーンが大量繁殖し、こちらのページの

当方ではこのセットを使用して1匹(2匹購入後1匹死んだため実質1匹)からスタートしたラムズホーンが数ヶ月で100匹以上に増えました。

に続くわけですが、このプラケでミズミミズが大量繁殖してしまい、その退治のためにアカヒレ(ロングフィンカージナルアカヒレ)を導入したのをきっかけにしばらくハナビやエリスロなどの小型美魚にはまります。その後ザリガニを飼育したのがキッカケで一気に水槽の数が増えアクアにハマってしまいました。

以外だったのが、バクテリアなど水づくりにこだわりだしたのがザリガニ飼育を始めてからというところです。水質悪化と夏場の酸欠で高価なザリガニをたくさん死なせてしまって悔しい思いをしたのがキッカケでした。