ラムズホーンの糞とバクテリア

「ラムズホーンの糞はバクテリアの棲家になる」と一般的に言われています。しかし、こちらの記事にも書いたようにこれまでは、ラムズホーンの糞といえども「糞」なのであればあるだけ水質が悪化すると思っていました。

しかし最近その認識が間違っていたと気づきました。

きっかけとしては、ラムズホーンは熱帯魚の残り餌を処理してくれますが、残り餌がラムズホーンに処理されずそのあま水槽内に蓄積していくとダイレクトに水質が悪化するのに対して、ラムズホーンが残り餌を食べて糞として排出した場合にはダイレクトに水質が悪化せずある程度余裕をもって水質が悪化していくことに気付いたからです。

つまりラムズホーンなどの貝類は人間が管理する水槽内においても自然界同様に一次分解者として機能していると考えて間違いないです。ただし所詮は一次分解者に過ぎないため、ラムズホーンの糞がバクテリアなどの二次三次分解者に分解されなければゆるやかに水槽内の水質がゆるやかに悪化していきます。これはしょうがないことです。

エアレをしてスポンジフィルターを設置したり底砂をしいている水槽であれば、それらにバクテリアが定着しだいバクテリアの分解許容範囲内であればいくらラムズホーンが糞をしたとしてもその糞がバクテリアに分解されていくため、砂利の隙間に分解された糞が蓄積されていくのみで水質はほとんど悪化しません。

したがって結論としては、バクテリアの分解許容範囲内においてラムズホーンが残り餌を処理した場合には、水質がほとんど悪化せず水質を安定化させる効果があるといえるはずです。

ラムズホーンの糞がバクテリアの棲家になる?

次にラムズホーンの糞がバクテリアの棲家になるかどうかという点ですが、これまでラムズホーンを飼育観察してきた感想として、個人的にはラムズホーンの糞はバクテリアの棲家になっていると思います。ただしバクテリアは肉眼では見ることができないため検証結果として報告できるには至りません。

 ラムズホーンの糞でグリーンウォーターを作れる

グリーンウォーターで飼育したラムズホーンの糞を別の澄んだ水の容器に入れると移動先の水がグリーンウォーターになります。これは経験上分かっていることですが、そもそもグリーンウォーターとは植物性プランクトンなどの大量発生により水が緑色化したものです。ということは、グリーンウォーターで飼育したラムズホーンの糞を別の容器に移動させることによりその水がグリーンウォーター化するこの現象はラムズホーンの糞が植物性プランクトンの餌or温床となっていたことの証拠と言えるはずだと思います。植物性プランクトンはバクテリアではありませんが分解者という意味に於いては同質のものです。経験上すでにわかっていることですが実際に検証してみました。

検証

①まず用いたのがグリーンウォーター(以下GWと略)です。

img_3340

②GWではないラムズホーンだけを飼育している別の水槽で採取したラムズホーンの糞

img_3343

③②の糞を①のGWに入れました

img_3345

④③を窓際でしばらく放置してみました。いい感じに糞が緑色になっています。

img_3477

⑤④の糞だけを別の澄んだ水の容器に入れてみました

img_3479

⑥⑤をしばらくそのまま放置してみたところ糞の部分から水がGW化していることが確認できました。

img_3551

コメント

  1. […] こちらにも書きましたが、ラムズホーンは水槽内の一次分解者で掃除役です。バクテリアの処理能力限度以下であればラムズホーンが水槽内で糞をしたとしても水質が急激に悪化するこ […]

  2. […] こちらにも書きましたが、ラムズホーンは水槽内の一次分解者で掃除役です。バクテリアの処理能力限度内であればラムズホーンが水槽内で糞をしたとしても水質が急激に悪化すること […]