ピンクラムズホーン(櫻華)

ピンクラムズホーンの最高血統といわれているのがこの櫻華です。通常のピンクラムズホーンと比較して殻が白っぽくよりピンクがより鮮やかで大変美しいです。当方で飼育している櫻華はこちらです。

IMG_1407

当方の櫻華は、他から一切血統を混入させずに単一の血統のみを維持して飼育しており、純粋な血統を維持していると自負しております。

写真の個体と全くの同血統ですのでうまく成長させることができればその全てが写真のようにまるで水槽の宝石のように育てることができます(選別の必要はありません)。

ただしラムズホーンの色合いは環境等により変化※するため写真のように育てるにはちょっとコツが必要かもしれません。それを追求するのも櫻華の飼育の醍醐味だと思います。

なお、仮に飼育の過程で環境により色合いが変わってしまっても他所の血統と混入させずに飼育さえしていれば子供世代等で環境が合えばまた綺麗に育ちますのでご安心ください。要はラムズホーンの色合いは血統の維持と飼育環境が全てということになります。

美しさを追求していろいろ試してみると面白いです。常識とはやや違います。

※櫻華の殻の美しさは櫻華という遺伝子を持っているかどうかに左右されるため環境により色合いは左右されない、という人もいるようですが、実際には環境によって色合いがかなり変わります。

どのような飼育環境が櫻華の美しさを引き出すのか、につきましてはおいおい語っていきたいと思います。

■ 櫻華に関するその他の記事
櫻華に関するその他の記事はこちらです。新着順となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント